Kindle書籍刊行のお知らせ


ドイツ車のDIYメンテナンスについて、書籍にまとめました。本ブログで紹介している具体的なメンテナンス方法に留まらず、ドイツ車の思想、整備のポイントをまとめ、メンテナンスに必要な工具類の紹介、部品調達の実例紹介、メンテナンス対象の油脂類や部品の劣化メカニズムまでを紹介しています。

kindle unlimitedで無料ダウンロードしてご覧ください。

詳細はこちら

バイク関連

修理・点検・メンテナンス

BMW バイク(R1250GS)のレギュラーメンテナンス -スパークプラグ交換-

スパークプラグは消耗品です。BMW R1250GSの場合、ディーラは20,000km毎の交換指定ですが、プラグメーカーのNGKによれば5,000km交換推奨となっています。今回10,000km走行でプラグ交換しましたが、やはりこのタイミングでの交換がベターでした。交換自体はカンタンですが、いくつか注意点があります。
修理・点検・メンテナンス

BMW バイク(R1250GS)のレギュラーメンテナンス -オイルフィルター交換-

オイル交換の2回につき1回、これが標準的なオイルフィルターの交換頻度かと思います。前回、私の愛機BMW R1250GSのオイル交換手順を紹介しましたが、今回はオイルフィルターの交換手順を紹介します。バイク用のフィルターはメーカーによってレンチのサイズが変わりますので、汎用のレンチを準備することをおすすめします。
アクセサリー

BMW R1250GSに装着してよかったもの① -ファイナルドライブプロテクター-

アドベンチャーを駆け巡るBMW R1250GSは転倒には強いというものの、追加でプロテクターを導入したい場所があります。その一つがファイナルドライブプロテクターです。ファイナルドライブは高価なパーツですが、転倒すればかなりの確率で路面にヒットします。初代が傷だらけで、先般紛失していましたので、2代目を装着しました。
修理・点検・メンテナンス

メーカーに聞いてみました! -バイク用アドベンチャータイヤ MICHLIN ANAKEE ADVENTUREのライフ判断について-

私がBMW R1250GSで愛用するMICHLIN ANAKEE ADVENTUREには、スリップサインのほか、タイヤショルダー部にスリップサインにも見えるパターンがあります。12,000㎞の走行を経て後者は完全に露出してしまいましたが、スリップサインは出ていません。まだ使えるのでしょうか、お客様相談室に確認しました。
修理・点検・メンテナンス

バイクのブレーキ鳴きを解消する! -Wako’s(ワコーズ)のブレーキプロテクターがベストチョイス-

ブレーキをかけるたびに聞こえるあの高周波、いわゆるブレーキ鳴きは、制動には影響ないのですがとても耳障りです。鳴きはパッドの振動に由来しますので、振動を吸収する高粘度の物質、パッドグリースを適所に塗れば簡単に消えます。Wako's(ワコーズ)の「ブレーキプロテクター」が、効き、持続性ともに優れ、おススメです。
修理・点検・メンテナンス

メーカーに聞いてみました! -Wako’s (ワコーズ)のグリース、バイク整備にはどれを選んだらいい? マルチパーパスグリース(MPG-G2)がベスト-

バイクの摺動部にはベアリングが利用され、そのメンテナンスにはグリースが必須ですが、様々な種類のものが市販されており、どれを使用したらよいのか、迷われる方もいらっしゃると思います。そこで、高性能ケミカルで名高いWako's(ワコーズ)に電話し、バイクのメンテナンスにベストなグリースとその理由を教えていただきました!
修理・点検・メンテナンス

BMW R1250GSのファイナルドライブギヤオイル交換

BMWのGSシリーズはクルマと同様のドライブシャフト駆動で、チェーンがありません。このためチェーンのような頻繁なメンテナンスは不要ですが、20,000km走行毎のファイナルドライブギヤオイルの交換が必須となります。作業はとてもカンタンです。またオイルもかなり余りますので、交換頻度をもっと上げてもよいですね。
アクセサリー

冬場のバイクに必携!ジャンプスターター

冬場の低気温は、バイクのバッテリーには過酷な環境です。ともすれば、エンジンを再始動できないようなケースも。そんな時、JAF等で対処はしてもらえますが、何時間も待たねばならないこともあり得ます。そこで、私はジャンプスターターを購入し、バイクに搭載することにしました。この冬、すでに3度も活躍してくれました!大満足です。
アクセサリー

バイクに装着して大正解!だったアクセサリー② -ヘルメットワイヤーロック-

鍵がなくともバイクのエンジンをスタートできるキーレスライドシステムはとても便利です。ただ、問題はヘルメット。ヘルメットのロックのために鍵が必要なのでは、せっかくの利便性が損なわれます。物理的な鍵なしでヘルメットをロックできるアイテムを装着しました。ワイヤーロックですが、目を瞑っていてもロックを開錠できるスグレモノです。
アクセサリー

バイクに装着して大正解!だったアクセサリー① -コンパス (方位磁石)-

バイクのナビとしてスマホ(google map等)を利用されている方も多いかと思いますが、目的地を設定した直後、さて、どっちに進めばいいの?という経験がおありかと思います。そう、しばらく移動しないとスマホのコンパスが補正されないから生じる問題ですが、そんな時はアナログのコンパスがあれば問題解決です!とっても便利ですよ!
修理・点検・メンテナンス

BMW バイク(R1250GS)のレギュラーメンテナンス -エンジンオイル交換-

バイクの機関の好調を保つ基本が、オイル交換です。クルマとは異なり、バイクの場合はエンジンオイルはエンジンだけでなくミッションやクラッチの保護も兼ねますから、特に重要なメンテナンス項目となります。とはいえ、交換自体はとても簡単です。私の愛機、BMW R1250GSを例にとって、作業工程を紹介します。
tips

ちょっと待って!ヘルメットシールドのピンロックピン破損は修復できますよ!!

何十年ぶりかでリターンしたバイク。バイクそのものもそうですが、付随する用品類の進化に驚くことしきり。ヘルメットは風にあおられないし、シールドが全く曇らない。シールドの曇り抑制にはピンロックシートが効果を発揮しているようですが、これを留めるピンを破損させてしまいました。でもご安心、このピンは補修が可能なのです!
修理・点検・メンテナンス

BMW バイク(R1250GS)にK&Nエアフィルターを装着する -林道や砂地を愛するライダーのマストアイテム-

エアフィルターはエンジンへの吸気をクリーンに保つ重要パーツですが、BMW GSシリーズでは林道や砂道を走破する機会も多く、エアフィルターを酷使します。そんな時、K&N社製の湿式フィルターなら、フィルターを交換せずとも洗浄により性能を回復できるため、エコでエコノミーな選択肢となります。交換や洗浄もカンタンで、おススメです。
バイク全般

バイク(R1250GS)を導入しました!

以前から気になってはいた、バイクへのリターンを実現しました。候補は、BMWのGS一択です。2018年以降のR1250GSにはローダウン仕様があるとわかり、跨ってみるとどうにかなりそうです。出物があるとのディーラーのセールストークにまんまと嵌り、21年モデルのR1250GSを契約してしまいました。残る課題は、免許です。